●当院の外来検査の種類と検査機器
当院では、大学病院・総合病院並みの検査器機を取り揃え、質の高い医療を提供しており、ワンランク上の診療をお受けいただけます。

視力検査

上・下・左・右とお馴染みの検査です。
3名同時に検査いただけます。

屈折検査

近視・遠視・乱視等の屈折度をコンピューターで正確に測ります。

眼圧検査

空気を勢いよく当てて眼の硬さを測ります。直接眼に機械が触れませんので、感染の危険はありませんが、やや不正確な場合があります。

角膜内皮検査

角膜の内側の内皮細胞の状態を測定します。一定以上減少すると角膜に濁りが出て視力が低下することがあります。

角膜形状解析(TMS)

角膜の形状を測定し、角膜乱視・コンタクトレンズ処方・眼内レンズ度数・角膜屈折矯正手術経過・早期の円錐角膜の診断などに用います。

レーザーフレアセルメーター

房水の蛋白濃度と細胞数を測定します。虹彩炎(ブドウ膜炎)や各種手術後の炎症状態を判定します。

眼底カメラ

眼底の状態を広角にデジタル化し、患者さんの記録を経時的に保存します。

ハンフリー自動視野計

視力ではなく見える範囲(視野)を精密に測ります。主に緑内障の有無や経過観察・治療効果判定に有用です。

ゴールドマン視野計

緑内障などの視野変化を伴う疾患の経過観察・治療効果の判定をします。また、脳梗塞など頭の中の疾患も見つかることがあります。

網膜電図(ERG)

網膜疾患の診断、白内障・硝子体手術前の網膜機能の判定が出来ます。

超音波診断装置

白内障手術時の眼内レンズの度数を決定するための眼軸長測定に用います。

超音波診断装置(眼内疾患診断用)

角膜の濁りや白内障により眼底が観察できないときに有用です。

ヘス・スクリーン

両眼の眼筋の運動状態を測定します。
眼筋麻痺の検出に最適です。
頭の中の神経疾患等で異常が出ることがあります。

大型弱視鏡

主に眼位検査・両眼視機能検査・視能矯正訓練に用います。

深視力計

2種免許に必要な検査です。

自動近点計

調節機能(調節力・調節時間)を測定します。

コンタクトレンズモニター

ご自身の現在使用中のコンタクトレンズの状態を直接テレビに映して確認いただけます。

診察室コンピューター

眼底カメラ・自動視野計と連動しており、眼底(眼底出血)や視野の変化・経過の推移を診察室で説明・確認いただけます。

  

光干渉断層計(OCT)

主に網膜の構造を精密に検査するために開発された最新の検査機器です。
赤外線を利用して網膜(眼球内の一番奥にあり、カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断面を画像化します。

視神経乳頭解析装置(HRTII)

コンピューターによる画像解析で三次元的に視神経乳頭を捉え、陥凹の大きさや形状、視神経線維層厚を測定します。

細隙灯顕微鏡

(ツァイス型・ゴールドマン型)
眼の周りや眼球内の角膜から一番奥の網膜・視神経までを立体的に観察します。
ゴールドマン圧平式眼圧計も付属されており、眼圧(眼の硬さ)を正確に測定します。緑内障の疑いの方や緑内障の方の眼圧の経過観察に用います。

アルゴンレーザー

レーザーの熱作用を利用して、眼組織を光凝固します。糖尿病網膜症・眼底出血・網膜変性(円孔・裂孔含む)・緑内障などの治療に用います。

ヤグレーザー

ヤグレーザー光により組織破壊を行ないます。白内障手術後におこる後発白内障の嚢切開、硝子体膜様索状物切開・虹彩切開などにも用います。